トレインズ特集再生
トレインズ特集ストップ
東京八王子トレインズ最新試合結果背景画像

LATEST MATCH 第5節 ライジングゼファーフクオカ

72 1P 16-17
2P 15-32
3P 26-26
4P 15-19
94

2017年5月7日 日野市市民の森ふれあいホール

東京八王子トレインズ次戦背景画像

NEXT GAME


今シーズンのゲームは全て終了しました。

東京八王子トレインズランキング背景画像

RANKING
RANKING 2016-17 SEASON

順位 チーム名 勝率
1位 ライジングゼファーフクオカ 9 1 0.90
2位 金沢武士団 8 2 0.80
3位 東京八王子トレインズ 5 5 0.50
4位 東京サンレーヴス 4 6 0.40
5位 埼玉ブロンコス 3 7 0.30
6位 大塚商会アルファーズ 1 9 0.10
NEWS
東京八王子トレインズの最新ニュースはここからチェック!
EVENT
東京八王子トレインズのイベント情報はここからチェック!
八王子トレインズファン感謝祭!
八王子トレインズファン感謝祭!

応援してくださった皆様に感謝の気持ちを込めまして、シーズン終了後の2017年5月21日(日)にファン感謝祭が開催されます。

当日は、選手やチアと一緒に体を動かしながら楽しんでいただける企画をご用意!

競技参加はもちろん、応援のみの参加もOKです!小さいお子様も一緒に楽しめる内容となりますのでぜひご参加ください♪

※競技参加者は急行・特急・超特急会員様のみ、観戦は全会員様お申込みいただけます。

参加には申し込みが必要です。詳細は下記HPをご覧ください。
【八王子トレインズファン感謝祭】
PICKUP PLAYER
東京八王子トレインズのおすすめ選手をチェック!
14
地久里 謙成
KENSEI JIKURI
チームトップクラスのシュート確率。まるで機械の様に正確にシュートを放つ。
ユーティリティープレイヤーとしていくつものポジションをこなせる器用さも持ち合わせている。
クールなイメージが先行するが、練習時は誰よりも声を出し、チーム全体への影響は大きい。
昨シーズンは途中からのトレインズ入団だったが、今シーズンは開幕からチームを引っ張っていくだろう。
0
浅野 崇史
TAKAFUMI ASANO
192センチとチーム内の日本人選手の中で一番高身長。細身ではあるが、体が強く、俊敏に動き、器用に相手を翻弄し、2メートルを超える外国人選手とも対等に戦える選手。
シュートタッチが柔らかくシュートレンジも広い。
チーム最年長でありながら、絶対に手を抜かないプレースタイルは他選手の模範となっている。
東京八王子トレインズとは
東京八王子トレインズをチェック!
・東京八王子トレインズのチーム理念

東京八王子トレインズは「子ども達に夢と未来を!」「バスケで八王子を盛り上げる!」をチーム理念としています。

バスケットボールを通じて、「子ども達の明るい未来」や「さらなる地域の活性化」、そして「魅力ある街づくり」に貢献することをミッションとし、地域に根差した、「八王子市民の」「八王子市民による」「八王子市民のためのバスケットボール」を目標としています。


チームビジョンとして

1、日本一のチーム
2、日本代表選手の輩出
3、八王子ブランドの確立

を掲げています。

まず、1つ目の「日本一のチーム」。
これは、プロリーグで優勝する事だけではなく、観客数・ファン数の多さでも日本一を目指しています。

続いて、2つ目の「日本代表選手の輩出」
八王子市出身の日本代表選手を輩出することを目指しています。八王子市近隣の小学校、中学校、高校などをまわり、バスケットボールの指導し、子供たちの憧れになれるような選手の育成を行っています。

バスケットボールの指導は現在までに30回以上開催され、参加チーム60チーム以上、参加人数1,200名以上が参加しました。
最後に3つ目の「八王子ブランドの確立」。
現在の八王子の「高尾山」「学園都市」というブランドイメージに加え、「バスケット日本一の街」という新たな価値を日本全国にアピールし、全国各地から八王子に人々が集まるようなチーム作りをしています。

NBDL 2015-16シーズンはヘッドコーチの早水将希と選手12名で臨み、オーナーの和田自身もゼネラルマネージャー兼選手としてチームメンバーに加わりました。
2015年10月24日と25日に、開幕カードとなる東京海上日動ビッグブルーをエスフォルタアリーナ八王子(八王子市総合体育館)にて開催し、連勝を収めました。
しかし、レギュラーシーズンの成績は17勝19敗の6位に終わり、プレイオフに進出できる4位以内を逃しました。

またNBDLがNBL、bjリーグと統合し新たなリーグ(Bリーグ)が創設されることになり、トレインズも参加を申請しました。
新リーグは1部から3部までの3部構成であり、トレインズは2部参入の要件となる「ホームアリーナの確保」「地元行政組織の協力」などの要件を満たしていましたが、NBDLに加入したばかりで運営実績が乏しいとして、新リーグ初年度はB3リーグに振り分けられ、2016-2017の今シーズンを迎えました。
トレインズとは1
トレインズとは2
トレインズとは3
SNS
東京八王子トレインズのSNSをチェック!
FACEBOOK